特攻隊のブログ

現役北大生によるブログです。生業にしてはいません。何か読者の方にプラスのことを感じていただけたら嬉しいです。

人はなぜペプシではなくコカ・コーラを選ぶのか

こんにちはカミカドです。

 

 

こんなタイトルですが

 

多分前みたく↓↓スターバックスのお話がメインになると思いますのでご了承ください。

 

 

kmkdfree.hatenablog.com

 

 

 

本題に戻りましょう。

 

ある「禁断」と言われていた実験のお話をします。CMでもやってましたが

 

 

目隠しをしてコーラとペプシを飲むとどっちがおいしいのか?

 

 

この結果、

 

実は多数決では全然ペプシの勝ちだったのです。

 

しかーし

 

実験の前後で売り上げはほとんど変わらず

 

コカ・コーラの独壇場が現在でも続いてるそうです。

 

 

なんでなんでしょうね?

 

 

そしてこれだけカフェが多いこの時代にも

 

スターバックスに人は集まります。

 

何なら休日は行列ができます。

 

 

なんでなんでしょうね?

 

 

実は共通の理由があったりします。

 

今回はそんな素敵な企業戦略について書きたいと思います。

 

 

f:id:ex-bz-larc:20170108154633j:plain

 

 

 

ブランディング

 

まず1つ目の大きな違いがこれです。

 

いつの間にか出来上がってました

 

 

王者コカコーラvs挑戦者ペプシ

 

 

の構図。物心ついた時からそんな感じですよね。

 

コカコーラは王者らしくどっしり。

 

W杯でもオリンピックでもしたたかにスポンサーを勝ち取り、かっこいいCMを打っていました。

 

対してペプシはコカコーラに味で勝利したことをCMにしたり割とブレてます。

 

 

スターバックスも世界的大企業としてどっしり。

 

設備や雰囲気、Wi-Fiなどの環境もしっかり整えています。

 

 

もちろんその分若干高いとは思いますがブレません。

 

 

ドトールとかタリーズの方が平均的に安いですよね。 

 

 

例えばヴィトンやシャネル、グッチやブルガリなど

 

いわゆる高級ブランドは絶対に値下げしません。

 

いくら他に安くて良い製品があったとしても価格競争に応じることもあまりありません。

 

それは

 

 

高級感を大切にしているからです。

 

 

そういう高級感を好む人も必ずいます。

 

ちょっと良いプレゼントを買おうかなという時に

 

値段云々とか質とかも大事なんですが

 

やっぱりブランド物っていうのは魅力的なんですよね。

 

そういう人のために高級ブランドはいくら不況になっても

 

 

ブレません。

 

 

そういうブレない信念的なところ。

 

値段云々ではない感覚的なところをすごく大事にしています。

 

 

 

 

明確なメッセージ

 

 

2つ目がこれです。

 

強い企業はすごいブランディング

 

明確で強いメッセージを持っています。

 

 

例えばコカコーラであれば

 

クリスマス、サンタが家にやってきました。

サンタが家を窓からそっと覗くと家族4人が仲良く暖炉の前で団欒の時間。

そしてその暖炉の上にあるコカコーラのペットボトル…

 

みたいな!

 

あとは

 

オリンピック前、競泳自由形の出場権をかけて切磋琢磨する2人の男。

Aは前の大会で優勝して絶好調。Bはスランプ。

必死で練習して泳ぎまくり、疲れたBにコカコーラのペットボトルを差し出して微笑むA

 

みたいな!

 

 

そんな感じで

 

家族の繋がりや仲間、ライバルとの絆

 

のような一貫性のあるメッセージをコカコーラは伝えてくれています。

 

 

 

しかしペプシはどうでしょう

 

こちらをご覧ください↓↓


おもしろCM集  ペプシマン No 3

 

 

「おもしろCM」とか言われてるし。

 

てってーてててってーてて

 

ペッシマーーーーーーーーーーーーーンっ

 

は?

 

最近になって小栗旬とかL'Arc-en-Cielとか色々出しましたが

 

 

伝えたいメッセージは謎なわけです。

 

 

ちなみにスターバックスには

 

 

サードプレイス

 

 

というテーマがあります。

 

1、家

2、職場

3、スターバックス

 

のように、第3の場所でありたい

 

というようなメッセージであの環境を提供してくれています。

 

なので拘っているのがお店の回転率ではなく

 

いかに心地よい空間でくつろいでもらうか

 

という面らしいです。元JAPANCEOが仰ってました。

 

非効率なようで最終的に利益は大きいそうです。

 

なのであんまり追い出されるとかないです。

 

 

店員さんいつもありがとうございますそしてごめんなさい。

 

 

 

ということで

 

なぜ人はペプシではなくコカッコーラを選ぶのか?

 

そしてなぜスターバックスは選ばれるのか?

 

なんとなく見えてきたでしょうか?

 

素敵ですよね。

 

 

あ、めっちゃペプシdisったみたいになってますが

 

僕めっちゃペプシも飲みますからね

 

結構好きなんですよ。

 

強い企業のようにブレないで生きていきたいと思うカミカドでした。

 

終わり〜