読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

特攻隊のブログ

現役北大生によるブログです。生業にしてはいません。何か読者の方にプラスのことを感じていただけたら嬉しいです。

暗号通貨ってなんなんや!

こんにちはカミカドです。

 

 

今日は最近巷で噂の

 

 

暗号通貨

 

 

に関して書きたいと思います。

 

難しい技術的なことも書こうと思えばいけるのですが

 

かーなーり理解に苦しむと思いますし、何万文字になることやら…

 

なので今日は

 

 

端的に!シンプルに!

 

 

すーぱー初心者の人でもわかるような暗号通貨の内容を書いて行きたいと思います。

 

 

f:id:ex-bz-larc:20170121192737j:plain

 

 

 

 

FinTechの台頭

 

 

「ふぃんてっく」って言います。造語です。

 

Finance(金融)とTechnology(技術)の掛け合わせです。

 

今まで金融の分野にはIT技術というのは介入できなかったんですね。

 

理由は一つ

 

信用度が低かったから

 

です。

 

でも最近になってものすごく信頼できてきたので金融の世界に飛び込んできました。

 

 

電子マネーもFintechの一つと言えます。

 

 

だから意外と身近なものなんですよ。

 

そんな中で生み出されたのが

 

暗号通貨

 

なんですね。

 

なので暗号通貨は正確にいうとFinTechの中の1つの技術にすぎません。

 

ただ、この暗号通貨が世界を揺るがしております。

 

これからの生活を少しずつ変えていくことはほぼ間違いないと思われます。

 

今日はFinTechの中の暗号通貨の特化したお話をします。

 

 

 

なんなん?

 

 

これです、これが聞きたいですよね?

 

はい、もうシンプルに電子マネー的なものだと思ってくれちゃっていいですもう。

 

携帯で決済とかしますしね。SUICAとかに近い使い方することもあるでしょう。

 

したら何が違うの?って話です。

 

電子マネーって結論

 

 

ですよね。

 

日本が管理しております。国が、日銀が

 

「これお金にするね!」って決めたお札や貨幣を使用しております。

 

(10000円札なんて紙代インク代合わせて20円くらいなのに)

 

この、「管理母体のある」お金を

 

中央集権型

 

と言います。 

 

当たり前です。当たり前でした。

 

 

しかし今回の暗号通貨、並びによく聞くビットコイン

 

管理母体がありません。 

 

強いて言うなら使用者全員が監視役と言っていいでしょう。

 

よくわからないですよね。

 

 

そーゆーもんだと思ってください。

 

 

暗号通貨っていっぱいあるんですね。3000とか4000種類くらい。

 

その筆頭がビットコインなんですよ。

 

他にもリップル、イーサリアム、ライトコイン、カルダノ、エイダ…

 

これから、ビットコインというのが世界中で使われるようになります。

 

結論、

 

 

「ビット(BTC)という単位が新しく各国に生まれる」

 

 

感覚でいいと思います。正式に。

 

国も認めました。ビットコインを円と同じ位置付けにすると。

 

f:id:ex-bz-larc:20170122131342p:plain

 

ね。

 

さらに、各メガバンクも動き出しております。

 

f:id:ex-bz-larc:20170122131433p:plain

 

UFJ

 

f:id:ex-bz-larc:20170122131456p:plain

 

↑みずほ

 

 

などなど。リップルは正確にはちょっと性質(プロトコル)が違うのですがとりあえずいいです。

 

このビットコイン、なんと金と同じ原理で埋蔵量が決まっております。

 

「埋蔵?!は?!」と思った方は是非勉強してください。マイニングに関しては触れません。

 

とりあえず数に上限あるの!

 

 

そーゆーもんだと思ってください。

 

 

そんな中、日に日に需要というものは高まっております。

 

なので

 

 

価値が上昇し続けてるってわかります?

 

 

そのまた昔、

 

1ビット=0.09円

 

とかの時代があったんですよ。

 

今は?

 

1ビット=10万円前後です

 

もしその時に

 

10円出してビットコインを買っていたとします。

 

111ビット手に入る計算です。

 

もしずーーーーッと111ビット保有していたとすると

 

 

現在1100万円くらいになっているんですよ。

 

 

きもすぎですね…

 

1万円とかで昔買ってた人もいるそうで…

 

とんでもないですよね。

 

 

ちなみに、

 

ここからまた徐々に上昇し

 

 

100万円はいくべ

 

 

と言われております。各国著名人の言及です。ティムドレイパーとか。

 

僕もそんな気がします。

 

 

なので今持っておくと、単純に10倍の価値となるんですね。

 

YOUTUBEで噂の「ビットフライヤー」などで換金しておくべきですね。

 

別にスタバとかで決済できるし五輪までに決済できる店めっちゃ増えるし

 

 

持っておいて損はありません。

 

 

「怪しい」とかいう人は脳死してます。円と同じ通貨っすよ。

 

 

そーゆーもんだと思ってください。

 

 

では

 

 

 

 

 

 

なぜ需要が増えているのか?

 

 

ここが大事になってきます。

 

でも結論から言うと日本人にはそこまで必要でない可能性があります。

 

こればっかりはわかりませんがね。

 

全ては海外需要です。

 

特に中国。

 

簡単にまとめられた画像がこちら↓

 

 

f:id:ex-bz-larc:20170122133609p:plain

 

 

 

 

日本にいて銀行を使用し、送金や引き出しに不便さを感じることは多くないと思います。

 

「土日に送金しても届かない」

 

「手数料が土日は高い」

 

「時間帯によって制限がある」

 

程度ですかね?

 

海外だとどうでしょう?

 

 

土日とか関係なく送金にやたら時間かかります。1週間とか。

 

しかも一回の送金で手数料が数万とかザラです。

 

 

 

暗号通貨だとどうでしょう?

 

ほぼほぼ手数料とかかかりません。

 

送金も秒で終わります。

 

時間帯とか曜日とか関係ないです。

 

 

ものすごい需要が生まれてきます。特に後進国

 

携帯to携帯でパッとお金送れます。

 

セキュリティもバッチリです。

 

「ブロックチェーン」と言う技術によって革命が起きてます。

 

 

お察しの人も多いと思いますが

 

 

銀行いらなくね??????

 

 

ってなってきてるんですよ。

 

銀行は手数料ビジネスの最たる例です。

 

それがなくなるかもしれないってやばいですよね。

 

わかんないけどね。

 

 

 

結論

 

ぶっちゃけここまでの話意味わかんなくても最悪良いです。

 

結論書きます。

 

 

・国が認めてるから怪しいとかない。

 

・これから生活を便利にかえる可能性がある。大きい。

 

ビットコインは持っておいても使えるから損がない。円と一緒。

 

・持っておくと価値が上がっていく可能性が高い。

 

 

でした!

 

 

 

 

 

 

 

ビットコイン=暗号通貨

 

ですが

 

暗号通貨≠ビットコイン

 

なのでご注意を。

 

カフェとかで「あんごうつうか」って言ったら睨まれるので

 

「あんつう」って言ってます笑

 

あんつうあんつう。

 

 

 

ちなみに投資ではなく投機目的で

 

 

現在1円以下の暗号通貨を購入しておくのは面白いと思います。

 

 

ビットコインまでいかずとも跳ねたらやばいですよね。

 

例えば現在0.5円の暗号通貨を1万円分買ったとします。

 

それが1ドルになったとすると…

 

2300万くらいになりますw

 

宝くじ買うよりよっぽど可能性もありますし、夢もある。

 

宝くじなんて

 

 

「12ヶ月間で13回雷に打たれる確率」

 

 

と同じですからねw

 

宝くじ買う人本当にやばい。

 

お金をドブに捨ててるようなものです。

 

そんな最強のメンタルをお持ちであれば、暗号通貨買ったほうがよっぽど勝ちます。

 

なーにが「夢を買ってるから」じゃw

 

もっといいやつあるわっ

 

1円以下の暗号通貨はカミカドもちょいちょい購入してます実は。

 

跳ねたらいいなあ。闇雲には買わないけどね。

 

 

とういった投機もあるんですよってお話でした。

 

また需要があれば書いていきたいと思います。

 

遅かれ早かれなので是非勉強してみてはいかかでしょうか?

 

終わり〜