特攻隊のブログ

現役北大生によるブログです。生業にしてはいません。何か読者の方にプラスのことを感じていただけたら嬉しいです。

この世の収入形態は○種類!?(2)

こんにちはカミカドです。

 

書いてるうちに長すぎることに気づき二部作にしました↓↓

 

kmkdfree.hatenablog.com

 

どっちにしろ長くなったらごめんなさい。

 

これを読んで頂いたと言う程で…

 

 ということでキャッシュフロークワドラントです。

 

個人的には

 

これ知らないで大人にならなくてよかったな

 

って思う内容です。

 

もしそうであれば恐怖で仕方ありません。

 

 

この世の収入は4形態に分けられるということでしたが

 

「多いな」って思った人はあまりいないと思います。

 

多くの人が「え、それしかないの?」ってなります。

 

そうなんです

 

 

複雑だと勝手に頭の中で解釈してしまうことが多々あるのですが

 

この世の中はとてもシンプルなんですよ。

 

 

世界のことを語る気は無いのですが

 

この世においてとても大事な要素=お金

 

に関して勝手に難しいと思い込んでしまうことはあまりに勿体無い人生ですよね。

 

と言うことで前回の画像をもう一度

 

f:id:ex-bz-larc:20170106190942p:plain

 

 

左右で雲泥の差があります。どっちが良いとか悪いとかでは無いのですが。

 

では実際に一つ一つの収入形態について書いていきます。

 

 

まず左側

 

 

Eクワドラント

 

EはEmployeeの頭文字で

 

従業員

 

ともいえるでしょう。

 

バイト、OL、サラリーマン、公務員etc.

 

誰かに「雇われている」人を全員指します。

 

 

まあ普通ですよね

 

 

日本人成人の実に85%がここに属します。

 

地球の先進国58カ国の中でダントツに日本はここの数字が大きいです。

 

大きすぎると言われています。

 

何も考えなくて済みますから楽なんですよね。

 

企業や国に飼い馴らされつつ「安定神話」が一昔前には成り立っておりました。

 

 

 

Sクワドラント

 

Self-Employedの頭文字で

 

自営業

 

を指します。

 

脱サラして独立(起業)する人も、個人事業主の人も、スポーツ選手なんかもここに属しますね。

 

日本人成人の約5%がここです。

 

逆にここの数字はあまりに低すぎると言われています。

 

 

例えばイスラエルという国は人口700万〜800万人の一見小国ですが、年間でのスタートアップ数は1000にも達します。

 

対して日本の首都である東京では人口が1300万人もいるにもかかわらず年間のスタートアップ数は400にも及びません。

 

 

エンジェルの数とか周りの環境にも左右されますがあまりの自主性のなさ笑

 

 

若いうちから何か取り組むと「意識高い系」とやや非難されて終わる始末ですからね。

 

 

 

 

 

ということで左側の二つのお話をしてきました。

 

実に9割の人が左側に属しますが、例えば

 

1時間働いたら900円、2時間働いたら1800円…

 

1ヶ月働いたら20万円、2ヶ月働いたら40万円…

 

というようにy=axの形で正比例していきます。

 

要は

 

 

お金と時間の関係が1:1なんですね。

 

 

なので

 

自分の時間を切り売りしてお金に変えていきます。

 

身を切るということです。

 

時間は命ですので残酷な言い方をすると

 

 

あなたの命の1時間の価値は900円ですよ

 

あなたの命の1ヶ月の価値は20万円ですよ

 

 

と、オーナーや社長、国に決められつつ生きることになります。

 

こっちの収入形態をまとめて

 

 

労働収入

 

 

と言います。

 

僕が2015年の12月に初めてこれを聞いた時に思いました。

 

「は?普通だろ?」と。

 

でも

 

 

行きたい旅行ではなく行ける旅行。食べたいものではなく食べられるもの。あげたいプレゼントではなくあげられるプレゼント。着たい服ではなく着れる服。住みたい部屋ではなく住める部屋。乗りたい車ではなく乗れる車。

 

 

全て行動の範囲を会社のオーナーや社長が決めることになります。

 

 

さらに前前回の記事↓↓

 

kmkdfree.hatenablog.com

 

 

に付随すると

 

圧倒的に時間がなくて限界があります。

 

では

 

・時間に限界がある中でどうやって収入をあげていくのか

 

・他人が決めた報酬の範囲を突破するにはどうしたらいいのか

 

 

全ての答えが僕は右側の収入形態にあると勝手に確信しております。

 

では

 

右側のお話

 

引っ張りすぎた感ありますねお待たせしました。

 

 

 

Bクワドラント

 

Business-Ownerの頭文字で

 

自分で仕組みを持っている人を指します。

 

例えば

 

 

不動産オーナーや印税収入を持っている人

 

 

がここにあたります。

 

簡単にいうと

 

寝ててもマンションの大家さんは月々住民からお金が振り込まれますし、

 

秋元康先生はカラオケの印税収入だけで月収1000万を下らないそうです…

 

半端ない。

 

あとは、自分でビジネスに挑戦して仕組み化してしまうことですね。

 

MLMもここに近いものになりますし、社長から会長になってしまえば最前線でバリバリやることもなくなります。

 

 

 

Iクワドラント

 

さて最後です。

 

Investor=投資家がここにあたります。

 

最初に断っておきますが

 

 

巷で噂の株やFxなどはここには含まれません。

 

 

あれは投資ではなく投機でございます。投資の意味を知ってたらわかります。

 

投機は厳密にいうとSクワドラントでしょうね。1:−1が有り得るver.です。

 

ここでの投資は

 

最初にお金などを投げると一定期間の間寝てても入ってくるものを指します。

 

 

世界でおよそお金持ちと言われる人はほぼ100%これをかじってます。

 

稼いだお金を日本の銀行口座に持っているようなことはしません。ミステイクです。

 

だってお金減るもんw

 

稼いだお金は守ります。増やします。回します。運用ってやつです。

 

世界で1番のお金持ちであるビルゲイツウォーレン・バフェットなどなど

 

みんな大抵ここに落ち着きます。10兆円とか持つレベル。謎。

 

 

 

 

ということで右側の二つのお話をしてきました。

 

 

こっち側は圧倒的に人数が少ないです。特に日本人。

 

でももちろん稼げる額は左側の比ではありません。

 

右側は

 

 

お金と時間の関係が1:X です。

 

 

( 0 ≦ X < ∞ )

 

キーワードは「寝てても入ってくる」です

 

こっちの収入形態をまとめて

 

 

不労収入(権利収入)

 

 

と言います。

 

ね、雲泥の差ありますよね。

 

左にはないですが右には明確に「時間(命)」がついて来ます。

 

別に左側をdisりはしません。好きなことをやっている人は素敵だと思います。

 

 

本当に好きなことやってるんならね。

 

 

さらに、

 

収入の柱を何本も持たなければいけない時代が来るのに

 

E+E+E+E

 

とかってめちゃくちゃ厳しい。

 

でも右側であれば、変な話何本持っても構いません。

 

1度構築してしまえば、しばらく消えないものに取り組めれば勝ちです。

 

グローバルスタンダードとして7本の収入源を持てという言葉があるので

 

S+S+B+B+I+I+I

 

みたいな感じになったら最高です。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

右側の収入を知る、意識するだけでもだいぶ未来って拓けますよね。

 

僕は人生の考え方が変わりました。

 

じゃあどうやって右に行くか?簡単です。

 

 

知ってください。知ればいけます。

 

 

例えば札幌には高校生も大学生も専門学生もフリーターもサラリーマンも主婦もおじいちゃんもいます。

 

是非将来のことを考える上でも、人生設計を立てる上でも良い知識なのではないかと思うので役に立てば幸いです。

 

結局長くなったのでこの辺で。

 

終わり〜